すいません。またしても投稿遅れてしまいました。
2度あることは3度もないように気をつけます。。。

今日は、ふと見つけた新聞記事の中からなるほどと考えさせられた内容について
書いていきたいと思います。

皆さんも日々の仕事を行っていく上で、
柔軟な発想や考えが求められるクリエイティブな場面があると思います。
しかし、人間はいかに頭が固いもしくは固定観念にしばられているかを
気づかしてくれる問題があります。

「ドゥンカーのロウソク問題」
<問題>
下のイラストにあるものを使って、壁の目の高さの位置に、火のついたロウソクを立ててください。
その際、必ず、ロウソクの火のついた部分が天井を向くようにすること。

どうでしょうか?答えは見つかりましたか?
ヒントは「別の用途」になります。

回答については、、、ここにかいてしまうとあまり意味がにので内緒にしておきます。
※ネットとかで調べればすぐにわかってしまいますが。。。
結果が分かったかたにはおわかりかと思いますが、
思い込みが「機能性固着」とよばれる現象を引き起こしています。

このご時世、新たなサービスビジネスを生み出し、いかに他社との差別化を
早く計っていくかが重要になるとおもいますので、
以外と身近なものに対する固着をとりはずせば、すばらしいアイデアが出てくるかもしれません。

補足ですが、上記の問題を2つのグループにわけて回答させた場合で、結果に違いがでるようです。
Aチーム:有料チーム
Bチーム:無料チーム
※Aチームには早く回答できれば報酬を払う旨を通達
  Bチームには何も伝えない。

結果は、Bチームのほうが早く回答できたようです。
クリエイティブな仕事をするときには、報酬などのインセンティブがあると
あせりなどから思考の幅をせばめてしまう傾向性があるようです。
色々と考えさせられます。。。。

人気ブログランキングへ

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする